環境にやさしい

チャコボールは、四国・高知県の国産間伐材を用いて作られています。その出発点は、間伐材の再利用による森林資源の有効活用を目標としていました。また、炭が本来持つ空気浄化作用や水質浄化作用に着目するとともに、開発にあたり、構造や機能を研究する中で、環境に配慮している素材であることについても判明していきました。

森林資源の有効活用

森林を健全な状態で維持し、木材を利用するために間伐という作業が必要となります。チャコボールは四国・高知県の森林を間伐する際に出る材から作られた炭を利用しています。チャコボールの使用は、森林の維持管理に必要な間伐を促進するため、森林を守ることにもつながり、水資源の確保にもつながります。

間伐材の活用

チャコボールは、間伐材を利用し、その端材やおがくずを原料としています。

炭素隔離

森林では、植物による光合成によって、光とCO2 が植物に吸収されます。チャコボールは、製造の過程で森林が吸収したCO2を間伐し、炭=炭素(C)として固定することによって、半永久的に炭素隔離することができます。

リユース(再使用)

チャコボールは、繰り返し使用することが可能です(数回使えます)。

env