植物にやさしい

チャコボールで育てられている植物には、根の成長もよいという特徴が見られます。その理由についてご説明しましょう。
チャコボールは、炭(木炭)とセラミックスの複合素材(セラスミックスC構造体)です。この構造により、養分や水分を保持する力が増え、通気性、保水性、透水性が向上します。このため、機能性の高い用土となりました。

色々育てられます

チャコボールは、単体で様々な植物を育てることができます。

成分

チャコボールの原料の木炭には、植物の生長に役立つ天然ミネラル分(主にカルシウムやマグネシウム)が含まれています。

吸水性

チャコボールは100ccあたり、水を約36cc吸収します。

通気性

チャコボールは炭とセラミックスの複合素材であることから、微細な孔を多く持ち、かつ粒状でもあるため通気性に優れています。

比重

チャコボールの比重は、約0.6です。つまり、100gあたり166ccと比較的軽く作られています。この比重が、保水性や通気性につながると考えられます。